【無料AI研修】支援現場のAI活用はじめの一歩

令和6年度の福祉・介護職員処遇改善加算「見える化要件」に関する情報公開

令和6年度の障害福祉サービス等処遇改善計画書の提出にあたりまして、福祉・介護職員処遇改善加算の「見える化要件」について情報公開をいたします。

見える化要件とは?

見える化要件とは、特定処遇加算の取得状況や賃金改善以外の処遇改善に関する取り組み内容を外部から見える形で公表することです。見える化要件に基づき、賃金改善以外の処遇改善に関する具体的な取組みについて、下記の通り内容を公表いたします。

取得する福祉・介護職員処遇改善加算

パパゲーノ Work & Recovery(就労継続支援B型)

処遇改善加算の新区分2を取得

見える化要件に関する取り組み

当社では利用者への支援の質の向上に加え、職員の処遇改善にも取り組み、より良い職場環境の整備にも努めており、必要に応じて見直しを行なってまいります。

入職促進に向けた取組

法人や事業所の経営理念や支援方針・人材育成方針、その実現のための施策・仕組みなどの明確化

資質の向上やキャリアアップに向けた支援

働きながら介護福祉士等の取得を目指す者に対する実務者研修受講支援や、より専門性の高い支援技術を取得しようとする者に対する喀痰吸引研修、強度行動障害支援者養成研修、サービス提供責任者研修、中堅職員に対するマネジメント研修の受講支援等

両立支援・多様な働き方の推進

  • 職員の事情等の状況に応じた勤務シフトや短時間正規職員制度の導入、職員の希望に即した非正規職員から正規職員への転換の制度等の整備
  • 有給休暇が取得しやすい環境の整備
  • 障害を有する者でも働きやすい職場環境の構築や勤務シフトの配慮

腰痛を含む心身の健康管理

事故・トラブルへの対応マニュアル等の作成等の体制の整備

生産性向上のための業務改善の取組

  • タブレット端末やインカム等のICT活用や見守り機器等の介護ロボットやセンサー等の導入による業務量の縮減
  • 業務手順書の作成や、記録・報告様式の工夫等による情報共有や作業負担の軽減

やりがい・働きがいの醸成

  • ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化による個々の福祉・介護職員の気づきを踏まえた勤務環境や支援内容の改善
  • 利用者本位の支援方針など障害福祉や法人の理念等を定期的に学ぶ機会の提供
  • 支援の好事例や、利用者やその家族からの謝意等の情報を共有する機会の提供